株式会社アドバンスエイジェント

円安 物価高による保険料の影響とは?

WEB予約はこちら

円安・物価高問題。保険への影響は?

円安 物価高による保険料の影響とは?

2024/07/11

グローバル市場において経済状況は常に変化しています。最近の円安傾向は、輸出業者にとっては好材料ですが、国内においては物価高につながります。この影響は、さまざまな業界に及び、保険業界にも波及しています。

円安による物価高により、保険にどのような影響があるのでしょうか。本稿では、その影響について考えてみたいと思います。

目次

    物価高に伴う保険契約内容の見直し必要性

    近年、物価上昇が続いており、保険の保障内容にも影響が出てきています。生活費や教育費として必要な額として設定した生命保険の保障額が、物価が上昇することにより必要な時に不足してしまう問題です。いざという時のための保険ですので、このようなタイミングで加入中の保険の内容を見直すことが重要です。

    物価上昇における保障額不足リスクについては損害保険においても同様で、自動車保険においては、車の修理費用が上昇することで事故時の修理費用が不足することが考えられます。また、火災保険でも、被害が発生した場合の補填額の不足が懸念されます。更新のタイミング等で補償額の過不足を確認し、必要な補填が行われるようにすることが重要です。

    外貨建て保険契約のリスクとメリット

    物価上昇への備えとして人気の高い外貨建保険ですが、知っておきたいメリットデメリットがあります。

    通常、保険契約は日本円建てで行われますが、外貨建保険では、ドルやユーロなどの外貨で契約することが可能です。メリットとしては、円建に比べて高利率であることや、為替変動により利益が得られる可能性があることです。外貨建商品では、日本円が弱くなり外貨が高くなる場合には、外貨で保険金や解約返戻金を受け取ることで、利益を得ることができます。しかし、逆に日本円が強くなり、外貨が安くなる場合には損失が生じる可能性があることについても理解することが大切です。

    このように、外貨建て保険はその性質上、為替相場の変動によって支払う額、受け取る額が変動していきます。そのため、外貨建て保険契約を検討する場合は、商品のメリットデメリットをしっかり理解した上で選択していくことがとても重要です。

    円安時におすすめの保険商品とは?

    円安になると海外旅行や海外留学に行く方々の自己負担額が上昇します。その際に必要になるのが海外旅行保険や留学保険です。海外旅行保険は、病気や怪我、持ち物の紛失などのトラブルに備えることができます。

    海外で治療費が必要になった場合は、円安による影響で大きな額が支払いに必要となるかもしれません。空港やインターネット上で気軽に加入できる海外旅行保険ですが、どんな時にどれくらい自分を守ってくれるものなのかを考えて保険プランを選び、旅行や留学を心置きなく楽しみましょう。

    保険料削減のためにできること

    物価上昇に伴い保険料負担も気になりますよね。保険料を削減するためには、いくつかの方法があります。

    まず、保険の種類を見直すことが大切です。必要のない保険は解約し、保険金額を減らすことも検討してみましょう。また、保険会社を比較することも大切です。同じ保険内容でも保険会社を見直すことや健康状態によって保険料が下がる場合があります。他にも、払い方の工夫等が節約に繋がることもあります。

    これらの方法を組み合わせて、保険料を削減することができます。しかし、自己判断で解約し後から後悔…という人が多いのも事実。見直しにあたっては専門家のアドバイスを受けながら、自分がこの先どんな生活を送りたいのか、そのために必要な保障は何なのかを改めて考えてみることをおすすめします。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。